Follow My Heart

オーストラリアでの妊娠・出産・生活について

オーストラリアで妊娠!⑥ 助産師さんとの初面談

元々14週に行われる予定だった初面談ですが、『分娩が入った』と2回キャンセルになり16週になってからやっと初面談となりました(笑)

既にエコーで元気な赤ちゃんを確認していたので、特に不安や心配な感じもなかったですが、これが何もしていない状態だったらちょっと不安な気持ちになっていたかもしれませんね~。

私は2回目のキャンセルの時に『大丈夫かしら』と心配したものですが、オージー夫はサラリと『しょうがないね~』と気にした風でもなく。 こんな感じにお互いにフレキシブルで大らかに受け入れるのもオーストラリアならではなのかなと。

 

 

初回の主な内容は

 ・検査結果について

 ・聞き取り調査

 ・身長/体重のチェック

 ・今後の大まかなスケジュールについて

 ・Microsoft teamを使用しての情報提供

 

 

検査結果について

初回GP(かかりつけ医)から血液/尿検査のRefferal Letter(紹介状)をもらい、検査結果も2回目のGP診察で既に確認済みでしたが、再度確認。

エコー検査の結果についても同様に。

 

個人の病歴や家族歴についても聞かれます。

私は家族歴の肝機能に関して少し引っかかることがあったので伝えたところ、次回までに産科医に確認しておきますとのこと。 産科医とも連絡・連携しているので安心できます。

 

 

聞き取り調査

オーストラリア特有なのか、MGP特有なのか分かりませんが初回に限定して以下のようなことを聞かれました。わからない英語とかは説明してもらっていたので、30分くらいかかったと思います。

 ・DVの有無(現在・子供のころからの経験含めて)

 ・過去1週間の気分

 ・現在置かれている環境(外的・心理的 等)

 ・他色々 

 

この聞き取りが行われている間はパートナーはもちろん、小さな子供がいても離されて助産師さんと二人きりの密室状態で行われます。

DVに関しては、オーストラリアではDV率が高いことや妊娠・出産を機にDVに発展することがあることからの聞き取りのようです。 環境に関する質問に関しては『安心できる環境』が安産に繋がるからかなと。

私の場合、特に問題もなかったのでその後なにもないですが、なにか問題があれば対処や対応策の指南でもしてくれるのかしら?と思っていますが不明です。

 

 

身長/体重チェック

妊娠前の体重は自己申告、その日の身長と体重をチェックしました。

日本にいたときはほぼ毎日確認していた体重ですが、オーストラリアにきてからほとんど測定していなかったので、妊娠前の体重に関して当日の検査時と同じくらい、と答えました(笑) 

 

 

今後のスケジュールについて

 ・20週のエコーRefferal Letterをもらう (GPにて)

 ・百日咳とインフルエンザのワクチン実施(どちらも個人の自由)(GPにて)

  *百日咳は母体を通して赤ちゃんに抗体が移行することを期待して

 ・27週に血液検査を実施(糖負荷試験含む/実施は個人の自由だがアジア人はハイリスクなので実施を勧められる)(GPからRefferal にて)

 ・36週に再度血液検査

 

 

Microsoft teamを使用しての情報提供

助産師さんグループが運用?しているMicrosoft teamに参加させてもらい、以下の内容等をシェアしてくれます

 ・MGPについて

 ・Positive Birthについて(不安要素を減らして安心して出産に臨めるように)

 ・赤ちゃんがどのようにして生まれてくるか(骨盤内での回旋の仕方)

 ・赤ちゃんのポジショニング。exercise等

 ・Water birthの施設

 ・実際の出産映像、skin to skinの重要性

 ・授乳について(母乳のでる仕組み、授乳の仕方や注意点等)

 ・赤ちゃんの排泄物について(色、頻度等)

 ・おむつ、おくるみ、抱っこ紐等

ビデオの他、PDFファイルや関連資料などがあり、情報がやまもりです!

ビデオを見てわからないことがあれば色々追加で聞くことができます。

 

日本に比べて受診回数は少ないですが、担当助産師さんの連絡先を教えてもらえるので、『〇〇の時(緊急を要する内容)には電話してね』『なにか気になることがあればメッセージ送ってね』といった感じ言ってもらえるので、何かあればいつでも聞けるという安心感があります。

 

ちなみに・・・

私の第一言語が英語ではないことを伝えてあったので、初回面談前に『もし通訳が必要であれば通訳電話の人を介すことができます』と言われていました。 私の場合、分からない単語や説明はありましたが、助産師さんがちゃんと言い直してくれたり説明してくれたりしてくれたので、特に通訳電話は必要としませんでしたが、いざというときには通訳サービスも可能です。

そして私のつたない英語でも理解してくれる助産師さんだったので、本当に良かったです! 一般的なことは夫が聞けても、私の身体の状態については自分で説明しないといけませんからね。