Follow My Heart

オーストラリアでの妊娠・出産・育児について

自ら椅子に座る

1歳1か月です。

 

 

実家での生活でオーストラリアの家と大きく違うこと

 

それは食事の時の環境

 

 

 

オーストラリアではBumboを使って食べさせていたので、息子は基本的にベルトで留められて動けない状態。

 

実家には数か月しかいないので、不必要なものは買わないとしたため、Bumboはない。

 

最初は膝に乗せたりして食べさせましたが、自分の膝に乗せると口元が見えなくてやりづらい!!

 

 

たまたま息子にちょうど良さそうなサイズの箱が家にあったので、それを椅子代わりに使うことにしました。

 

 

始めは立って食べようとしていましたが、バナナやヨーグルト、おなかが空いている時に『座って』と言って座ったら褒めてごはんをあげる、というようなことをくりかえしているうちに、ごはんを食べる時やおやつの時間に『座って~』というと

 

タタタタッ すちゃっ! 

 

と座ってくれるようになりました(*´▽`*)

 

 

もちろん、ずっとおとなしく座って食べてくれるなんてことはありません!

しばらく食べて、おなかが満たされてきたり、欲しいものがなくなったら、遊び始め、歩き始め、散らかしまくり・・・・

 

それでもそのあとにヨーグルトや果物を出して『座って』というと大体戻って座ります(笑)

どうしたらほしいものが手に入るのかがわかっている・・・子供って賢いですね(笑)

 

 

 

卒乳

1歳1か月と数日でした。

 

 

 

 

卒乳前の状態

・1歳の段階で、寝る前と朝起きた時の2回授乳。

・朝昼晩、毎食平均以上にもりもり食べる

・おやつは昼寝の時間によりあげたりあげなかったり。

おっぱいへの執着はさほどない子供だと感じます。

 あげれば喜んで飛びつきますが、子供のほうからせがむ感じはないので時間で上げている感じ。

 

 

卒乳までの流れ

日本へ来るときに、飛行機の搭乗時間(普段なら寝ている時間)のため、『寝る前のおっぱい』の時間が大幅にずれてしまい、あげる前に寝落ちして朝まで・・・ということがまず最初のきっかけだと思います。

 

おっぱいは24時間飲まれていない状態だったので、ひさびさにパツパツに張りました。

もちろん、起きた時にはしっかり飲ませました。

 

 

東京ステイの3日間も1日2回に戻して、実家に戻ってきました。

 

実家に戻って2週間ほどして。

昼寝がいつもより早かったものの夕方寝かせるには遅い、という日があり、夕食後のお風呂を早めに入れて寝かせようと思ったのですが、

 

お風呂でウトウト。

 

お風呂上りの床で乾かしている間に爆睡。

 

 

おっぱい飲まずに寝たー!

 

 

翌朝。

起きてすぐにおっぱいをあげようと思ったらまさかの『目の前におっぱいがあっても食いつかない』状態で。

 

 

え、もしや卒乳!?

 

 

という感じにあっけなく終わりました(笑)

 

 

卒乳後のおっぱい状態

飛行機で1度24時間あげていないことも幸いしてか、わたしのおっぱい自体も2-3日は結構張りがあったものの、特に搾乳などが必要な感じもなく、1か月~1か月半ほどで完全におさまった気がします。

一応部分的に張りが酷くてしこりのように感じるところは優しく円を描くように触って張りが酷くならないようにはしていました。(最初の2-3日)

 

1か月後くらいに気になってちょっと搾乳っぽいことをしました。

 

驚いたことにまだ出るんです!

 

おっぱい状態は全く張っていませんが、意外と終わってからも長く出続けるものなんだなと思いました。

 

日本へ✈

あけましておめでとうございます!

しばらくぶりの更新になってしまいました。

 

 

3年ぶりに帰国しました!

 

10月に帰国し、すでにオーストラリアに戻ってきておりますが、色々やることがいっぱいありあっという間に時間が過ぎましたー・・・

 

 

今回は飛行機に乗る際の準備やホテルでの宿泊などについて書いていきたいと思います!

長いので読みたい方だけどうぞ~

 

  • 事前準備
  • 飛行機
  • ホテル

 

 

続きを読む