Follow My Heart

オーストラリアでの妊娠・出産・生活について

オーストラリアで妊娠!⑬ 追加のエコー検査

妊娠糖尿病と診断され、糖尿病チームにお世話になった同じ日に産科医にも受診しています。 電話診察から直接診察に変更になったものです。

 

元々は肝機能に関しての受診でしたが、GTTが陽性となったため、胎児のサイズや羊水量の確認のため、追加でエコー検査を30週と34週に受けるように指示されました。

また「30週の検査結果の後に電話で受診、34週の後に30週からの増加率をみて直接診察しましょう」と言われました。

 

 

30週のエコー

胎児はスクスク育っているため、画面には全容がうつしだされません。

そのため、サイズに関しては『推測』の測定になります。 もちろん推測といっても大きくは外れませんが。

その結果、ほぼすべてにおいて平均的! 唯一足が少し短いねと(泣笑)

その他臓器や胎盤、卵巣等すべてチェックしてもらいましたが、異常なしでした!

 

 

34週のエコー

30週とほぼ同じ結果でした。

頭の周囲は平均的でしたが、長さ?がすこし長めと言われちょっと不安に。

 

 

予定の産科医の受診は、前回がかなりイマイチだったことと、エコーをした際に技師さんから『サイズも平均的、目立った問題なし』と2回ともいわれたため、MGP面談のときに助産師さんに結果を見てもらい『受診不要ですよねー』といって2回とも受診キャンセルしました(笑)

34週の頭の長さ?に関しては、出産に関しては周囲のほうが重要であることと、長さは少し正確性に欠けることがある?とのことで心配いらないと言われ一安心しました。

 

 

通常であれば20週のエコーが最後ですが、妊娠糖尿になったおかげで2回余分にベイビーを見ることができました~ ベイビーサイズは全然心配していなかったので、単純に胎内で成長する姿が見られて嬉しかったです!